AROM.

2021/03/25 07:48


先日、友人にイヤーカフが変色してしまったといわれました。
見せてもらうと内側の辺りが赤っぽく変色していました。

ゴールドコーティングを施したものでしたが、着用後に汗や汚れが付着したまま、
空気にさらした状態で長期間放置してしまうと変色してしまうことがあります。


ジュエリーを保管するときに気をつけること


なるべく、使用後は軽く布で拭いて、密閉容器に入れて保管することをおすすめします。
蓋のしまるケースとか、味気はなくなってしまいますがタッパーウェアのようなものでも大丈夫です。
チャックポリ袋に入れておくのもおすすめしていますが、
その際は必ず汗と汚れ、水分がついてないことを確認してください。


それでも変色してしまったら


今回のようにゴールドコーティングを施しているものは変色しにくいのではありますが、
もし変色してしまった場合はこちらの動画の方法を参考にしてみてください。





もちろんゴールドコーティングを施していないシルバーのものでもこの方法できれいにすることが可能です。
シルバーの場合はコーティングが取れる心配がないので、市販のクリーナーを使用したりすることもできます。


どうしても自分ではきれいにならないときは


どうしても変色が取れない、
コーティングをかけ直したい、
というときはジュエリーのメンテナンスも行っていますので、お気軽にメール、もしくはお問い合わせよりご相談ください。