JOURNAL

変色したゴールドコーティングのアイテムをピカピカにする方法

Jul 13, 2022
変色したゴールドコーティングのアイテムをピカピカにする方法

シルバーのジュエリーって、シルバー本来の色味と輝きの美しさが魅力だと思うのですが、 どうしてもゴールド色を好まれる方も多いのが現状です。
ボリューム感のあるアイテムを金で制作するとなると、高騰し続ける現在の金相場から考えると現実的でなくなってしまうのです。

真鍮やアルミなどの金属で作るとどうしても安っぽい見た目になってしまうため、
貴金属の一種でありながらも金よりも安価で比重も軽い銀をベースにゴールドのコーティングを施すという方法になるのです。
ただ、銀という金属はどうしても空気中の酸素などに反応して変色をしてしまうという欠点があります。

シルバー925にゴールドコーティングを施したアイテムはシルバーのままよりもコーティングで覆れているので変色しにくくなってはいます。
しかし、使用による汗や体質、保管の仕方によって赤茶色っぽく変色してしまうことがあります。

コーティングをしていないシルバーのままのアイテムの変色は、市販のシルバー用クロスやシルバークリーナーを使って新品同様の輝きを取り戻すことができますが、コーティングのアイテムに使用するとコーティングも剥がしてしまうことになってしまいます。

軽い変色の場合は家庭用のお掃除や料理に使う重曹で落とすこともできます。
こちらの動画で方法をご紹介しているので、参考にしてみてください。

重曹でも落ちることは落ちるのですが、変色がひどいと擦らないといけなかったり、それによってコーティングの剥げも少し心配だったり。
そして溝があるデザインやパールが付いていたりするものだと重曹ではなかなか難しかったりもします。

ゴールドコーティングのアイテムの変色をとるのに良いものは何かないだろうか、と思っていた時に 同業のブランドさんにこちらの商品を教えていただきました。
初めて見た時はパッケージのイメージから頼りなさそうに感じていましたが、これものすごい優秀なクリーナーです!
液状やクリーム状でなくムース状というのも画期的。

変色した商品に吹きかけて、1分程放置して洗い流すだけで細かな溝まできれいになります。 もちろんコーティングを施していないシルバーのアイテムにも使用可能です。
石やパールが付いていても使用可能だそうで、とはいえ、パールの場合はあまり長く浸けておかないようにしたほうが良いかと思います。

使い方や変化の様子は、こちらの動画でも解説しているのでご覧ください。

ゴールドコーティングのアイテムが変色ではなくコーティング自体が薄くなってしまった場合はコーティングかけ直しも可能です。
お気軽にメールLINEよりお問い合わせください。

1 of 4